月別アーカイブ: 2013年11月

ワキ毛とワキガが私のコンプレックスです。

私のムダ毛に関する悩みは、何と言ってもワキ毛に他なりません。私は、ワキ毛の何がそんなに悩みなのかというと、なかなかワキ毛を清潔に保つことができないということです。

自分では、お風呂に入ってしっかりとワキ毛を洗っているつもりであっても、実際には洗い残しがあったり、汗などがこびりついたりしてしまったりするため、どうしてもワキ毛の部分というのは不潔になりがちです。

そうすると、夏の季節は特にかゆくてしかたがありませんし、そんなワキをついうっかり人前でかいてしまって恥ずかしい思いをするのも嫌です。

それに、ワキ毛があることによって起こるワキガにも悩まされてます。ワキ毛がワキを覆っていると、ただでさえ通気性が悪いというのに、ワキ毛のお陰でさらに通気性が悪くなってしまうからです。

そうすると、ワキガのリスクが高くなり、他人から嫌悪されてしまう可能性があります。ワキ毛が生えているからといって何か今まで役に立ったということもありませんし、本当にワキ毛には困らされています。

ですので、これからは本格的にワキ毛の脱毛を考えていきたいと私は思っています。今の時代は、そういった脱毛が流行っているので、私もその流れに乗りたいと思います。

願うなら悪臭の原因であるアポクリン腺をなくしてしまいたい!それはかなりオカネがかかりますけど・・

同じ足でもこんなに痛みが違う!脱毛ってむずかしい・・・

私は膝下部分はスカートを履くときにムダ毛が気になるのでいつも家庭用の脱毛器で処理を定期的にしたりしています。しかし、タイトスカートを履く時や膝上のミニスカートやキュロットパンツを履く時には太ももの脱毛処理もしたくなり脱毛処理を行ったりします。

同じ足なのに膝下部分だとあまり痛みもなく簡単に家庭用脱毛器で処理がきれいにできるのに、膝上部分から太ももにかけてを家庭用の脱毛器で処理をすると涙がでてくるほどの痛みを感じてしまうので、なかなかきれいにすべてを処理することができないのです。

何度も挑戦してみたのですが、いつもいつもあまりの痛さを感じるため途中であきらめてしまう自分がいるのです。だから、膝上部分はいつもまばらな状態で終わってしまうのです。

さすがにこの状態ではきれいに自信を持ってファッションを楽しめないのがいやなので、いつも膝下丈のスカートを履くことになるのですが、何か良い方法はないものかといつも考え込んでしまうのです。

もちろん、脱毛テープなどでも脱毛を試してみたこともあります。しかし、家庭用脱毛器よりも脱毛テープの方がより痛みを感じてしまうのでもう論外!という感じだったりするのです。

もっと痛みもなくきれいな太ももを保つためには、これからも挑戦や勉強が必要なようです。

ほんと、脱毛を自分でやるのはむずかしいですね(T_T)

脱毛テープとピンセットを駆使して膝下のムダ毛処理

家庭では脱毛テープを使用してムダ毛の処理をしたりしていますが
処理をした後にまたまた生えてくるムダ毛というのはだんだんと濃く
なって生えてきているように感じるのです。
これはかなりの悩みでもあるので、このまま行くとどんな状態のむだ毛
に最後にはなっていくんだろうと不安にさえ思ってしまいます。

主に私は膝下のムダ毛が気になるので処理をするのですが、
脱毛テープできれいになった後に一か月程するとまた改めて生えて
くるムダ毛はピンセットで抜いていくようにもしています。

その方が次に生えてくるペースが遅いし何よりもムダ毛が濃く生えて
こないように思うのです。
ひげのような状態になるのもなんだか怖いので、そんな風になって
しまう前に対処しようかな~といろいろ考えてしまうのです。

ピンセット脱毛は結構な持ちの良さで一度ぽつぽつと抜いて
しまえばその後は生えてくるものと生えてこないものがあり
すべてが生えてこないので楽ちんケアだと思います。

しかも脱毛テープで処理をした後のピンセット脱毛なので大量に
抜かなくてもよく、極少量なのです。

見た目もつるつるを維持できるのでケアをした後はたっぷりの
敏感肌用クリームでケアをし続けています。
簡単ケアでもあるので、これは結構おすすめなのです。