異常に体毛が濃い男の日常についてっ

私は小学校の高学年位から急激に体毛が濃くなりました。当時、私はサッカー部に所属していたため、すね毛が濃くなるのは覚悟していました。小学校の中学年くらいまでは、どちらかと言うと毛が少ない方だったのですが、わずか数年のうちに見る見ると濃くなっていき、まるで「熊」のような体毛になりました。

腕毛やひげは人並みなのですが、すね毛と胸毛が非常に濃くなりました。私の場合、単純に毛が濃いと言うのもあるのですが、人と違い『乳頭が4つある』ために普通よりも毛が濃い部分が広くなってしまっているようです。

すでに出来上がってしまった体をどうこうすることは出来ないのですが、その当時は思春期真っ只中と言うこともあり非常に悩みました。カミソリで全身の毛を剃ったりもしました。しかし、それをやると肌が荒れてしまう他、見た目に毛が濃くなってしまったのでやめました。

その後、異性を相手にする場面でも基本的に驚かれることが殆んどです。正直、コンプレックスと言って良いほど悩んでいましたが、あれから10数年経って思うことは「体毛が濃くて振られることは無い」という事でした。

コンプレックスになるほど悩んでいましたが、結果としてそれで損をしたと言うことは一度もありませんでした。唯一、銭湯やプールなどで視線を感じることは否めませんが、それだけ気にしなければ全く何の不都合もありません。

今では悩むことを止め、一つの「個性」と思って自虐ネタにしたりもしながら胸毛と付き合っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です